おすすめの編成方法

天華百剣-斬-の編成方法ついて紹介します。巫剣のタイプごとの特徴や編成のやり方などを記載しているので、ぜひゲームを進める参考にしてください。

巫剣の攻撃タイプを知ろう

巫剣にはそれぞれ攻撃方法のタイプがあり、攻撃の範囲や威力が違います。
それを踏まえて、ステージにあった編成をしましょう。

タイプは巫剣の一覧のアイコンの右端か、巫剣の詳細を見る画面の右上に表示されています。

また、同じタイプでも巫剣によってわずかに攻撃範囲などが違うので、手に入れた巫剣は「訓練場」で性能を試しておいてください。

標準タイプ

標準タイプは、攻撃範囲と威力のバランスが最も良いタイプです。
技・刀装でのカスタマイズがしやすいので、どんな場面も比較的使いやすくなっています。

初心者の方はまずはこのタイプで戦闘に慣れてみてください。

薙払タイプ

攻撃範囲がかなり広く、複数の敵を一気に片づけることができるタイプです。
攻撃力が少々低いですが、弱い敵に群がられた時に重宝します。

一撃のスピードが遅いので、攻撃速度が速い敵には押し負けてしまうかもしれません。

疾風タイプ

攻撃力は低いですが、その分連続攻撃のスピードが早く、敵の懐に飛び込み手数でダメージを稼ぎます。
攻撃範囲が狭い分も移動スピードの速さでカバーしているスピードタイプです。

スピードが速いと移動の操作が難しくなりますが、ちょこまかと動き回る速い敵に追いつくことができます。

強撃タイプ

コンボ攻撃の2撃目の攻撃がかなり強いタイプです。
2撃目の攻撃がかなり遅く、隙が大きくなるので、初撃で敵をひるませ確実に2撃目を当てましょう。

2撃目の攻撃力が非常に高いので、一撃で大量にHPを削りたい時に使うのがおすすめです。

遠当タイプ

唯一離れた敵に遠距離から攻撃できるタイプです。
近距離の攻撃しかできない敵なら、常に距離を取ればノーダメージで撃破できます。
逆に遠距離の攻撃を仕掛けてきたり動きが早くてこちらの懐に入り込まれる敵との相性は悪いので、敵の攻撃方法次第では交代させましょう。

突撃タイプ

敵に突撃しながら攻撃して、その横を通り抜ける特殊なタイプです。
上手く使えば、接近しつつノーダメージで攻撃できます。
しかし少々扱いづらく、操作に慣れないと使いこないせないので上級者向けのタイプとなっています。

敵情報をチェック

任務の右端にある「i」のマークをタップすると、その任務の詳細な情報を見ることができます。
この時、右側の敵情報をチェックしておきましょう。
どんな攻撃をするタイプか分かれば、編成の参考になります。

例えば遠距離攻撃や範囲攻撃をしてくる敵がいれば、素早く避けられる疾風タイプの巫剣を編成に加えるといいでしょう。
集団で囲んでくる敵には薙払タイプの敵が有効です。

敵の攻撃方法が分からないうちは、リーダーにはオールマイティな標準タイプを編成しておきましょう。

Sランクの評価を取るためには


バトルにはスコアが設定されており、それによってS~Cの評価が毎回くだされます。大抵の任務は評価Sを取ることでさらに報酬を得ることができるので、なるべく高ランクの攻略を目指したいところです。
そのためには、編成の時点で工夫をする必要があります。

スコアの数字は、バトルにかかった時間と巫剣たちの残りの体力で決まります。クリアする時間が短ければ短いほど、また巫剣残体力が高いほど高スコアです。
クリア時間はよほどのことが無い限りランクが落ちることには繋がらないので、体力のほうを気にしていきましょう。

以下では「巫剣残体力」を残すための方法を記載しています。

戦場に出すのは1人

1人の巫剣を攻撃役に決めて、編成のリーダーにしましょう。それ以外の巫剣は戦場に出しません。この時選ぶ巫剣は、防御力の高い者にしてください。

スコアは巫剣の残っている体力の割合で算出されます。なので、前線の巫剣は少しでも防御力の高い者で受けるダメージを減らしましょう。
また、刀装も防御力の高いものを装備させてください。

他の2人は体力を増やす

リーダー以外の編成メンバーは体力の高いものを選び、刀装も体力を上昇させるものを装備させましょう。

「巫剣残体力」は編成された全ての巫剣の合計体力なので、全体的な体力が高ければ多少ダメージを受けてもSランクになる可能性が高くなります。

データーベース

巫剣
タイプ別巫剣一覧
属性別巫剣一覧
刀装
アイテム
称号
交換所
楽曲
© KADOKAWA CORPORATION 2016 © DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
今すぐダウンロード