共闘攻略:ボス討伐戦の攻略とおすすめ巫剣(2月18日~3月11日開催)

天華百剣-斬-で2月18日~3月11日まで開催されいる共闘「ボス討伐戦」の攻略情報を掲載!共闘「ボス討伐戦」を攻略するときに参考にしてみてください。

共闘「ボス討伐戦」の概要

今回のボス討伐戦では「益荒鎧」「紙代修道」「推命行者」が登場します。
次々と強力な禍憑が現れるため、一匹一匹を確実に処理していきましょう。

ボスの弱点属性はそれぞれ違うため、属性を選ぶ場合は苦手な相手を絞ってください。

共闘ボス「益荒鎧」


益荒鎧(剣)
自身を中心にした範囲攻撃
前方への遠距離攻撃

益荒鎧(薙刀)
自身を中心にした範囲攻撃
前方へ斬撃を飛ばし、薙刀で突く

益荒鎧
接近して殴る

行動パターン

自信を中心とした範囲攻撃

益荒鎧(剣)と益荒鎧(薙刀)は巫剣が近くにいる場合、自身を中心とした範囲攻撃を仕掛けてきます。

赤い攻撃範囲が見えてから実際に攻撃が来るまで時間があるため、落ち着いて範囲から離れましょう。

前方への遠距離攻撃

益荒鎧(剣)と益荒鎧(薙刀)の前方への攻撃はどちらも巫剣が遠くにいる場合仕掛けてきます。

益荒鎧(薙刀)のほうが範囲が狭く、攻撃回数が多いです。
こちらも範囲が出てから攻撃が来るまで時間があるため、上下に避けましょう。

接近して殴る

益荒鎧(素手)は拳を構えるモーションをしてから、素早く巫剣に接近し殴って攻撃をしてきます。

拳を構えた時に巫剣がいる場所めがけて攻撃を仕掛けてくるため、移動するだけで回避できます。
しかし、益荒鎧(素手)の軌道にに移動すると攻撃を受けてしまうため注意が必要です。

共闘ボス「紙代修道」


紙代修道
防御力を低下させる攻撃
遠距離からの範囲攻撃

行動パターン

防御力を低下させる攻撃

巫剣が近くにいると、防御力を低下させる遠距離攻撃を行います。

裾を下げるようなモーションを取り始めたら急いで離れましょう。

遠距離からの範囲攻撃

巫剣が遠くにいる場合、紙代修道は着弾すると爆発する弾を3発飛ばします

爆発範囲は広いですが、着弾までかなりの時間がかかります。
範囲を見極めてしっかり回避しましょう。

共闘ボス「推命行者」


推命行者
分身を作る
近接攻撃

行動パターン

分身を作る

推命行者は自分の分身を3つを作り、数を増やして攻撃してきます。
分身は一度攻撃するか本体を攻撃すると消すことができます。

次々とボスが出現する今回の任務では脅威になるため、素早く対処しましょう。

近接攻撃

推命行者の近接攻撃は、杖で殴る・光の弾を飛ばす・爆発で自分の周囲を攻撃するといった比較的距離の短い攻撃です。

分身たちはほとんど同じタイミングで攻撃を行うため、タイミングを見極めて後ろへ回るか離れて距離を取りましょう。

攻略ポイント

弱点属性で攻撃しよう

今回の討伐戦ではボスが2体ずつ出現。

「益荒鎧」の弱点属性が水・土、「推命行者」と「紙代修道」は風・樹木となっており、複数の属性の対応が必要です。

技を装備することで複数の属性に対応できるため、所持している技を考慮して巫剣を選びましょう。

範囲攻撃を活用する

常に複数の禍憑が出現する今回の共闘任務では、範囲攻撃の特技や奥義を活用すると効果的です。
分身する「推命行者」や遠距離攻撃を行う「紙代修道」を楽に処理することができます。
また、稚幼(強)と稚幼(弱)も同時に出現するため、ボス禍憑とまとめて攻撃できる薙払タイプの巫剣がおすすめです。

おすすめ巫剣

範囲攻撃の技・奥義を持つ「薙払」タイプの巫剣です。
巫剣 レア タイプ 属性

[給]骨喰藤四郎
UR薙払

高麗鶴光忠
UR薙払

司波深雪
UR薙払

[学]大典太光世
UR薙払

[魔]鉄砲切り兼光
UR薙払

瓶割刀
UR薙払

[超]桑名江
UR薙払

データーベース

巫剣
タイプ別巫剣一覧
属性別巫剣一覧
刀装
アイテム
称号
交換所
楽曲
© KADOKAWA CORPORATION 2016 © DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
今すぐダウンロード