三十二年式軍刀甲の特殊行動

天華百剣-斬-にて「三十二年式軍刀甲」の特殊行動について解説しています。

三十二年式軍刀甲の特殊行動解説

三十二年式軍刀甲は、標準タイプでありながら、疾風タイプのように通常攻撃を4連続で出せる。
さらに4撃目の攻撃で攻撃ボタンを長押しするとタメが始まり、タメ段階によって威力の変わる“投げ攻撃”」が可能だ。

投げ攻撃は、攻撃ボタンを長押しする時間によってタメ無し→青い光→赤い光と3段階までタメられ、ダメージや投げた敵が当たる範囲が強化される。
タメはじめてから青い光に変化するまでは敵の攻撃を食らわないので、敵に囲まれているような状況でも積極的に使っていこう。

また、得意技の「飛刀巡甲」使用後、着地してすぐに攻撃ボタンを押すと通常攻撃の4撃目にあたる突き攻撃を出せる。
この攻撃が当たれば、そのままボタンを長押しで投げ攻撃に移行でき、スキを見せずに大ダメージを与えられるぞ。
突き攻撃を出せるタイミングは非常にシビアで、得意技を当てた後に大きくバウンドする「式童子」など、当てられない敵もいることに注意。

データーベース

巫剣
タイプ別巫剣一覧
属性別巫剣一覧
刀装
アイテム
称号
交換所
楽曲
© KADOKAWA CORPORATION 2016 © DeNA Co.,Ltd. All rights reserved.
今すぐダウンロード